泉南の BOAT FISHING

泉南近辺の海で 美味しい魚を求めてボート釣りを楽しんでいます!

焼き鯛

さて今日は大晦日ですね~!
前々回釣って冷凍しておいた睨み鯛を焼いてみました。
私の母方の祖父家は以前は鮮魚店を営んでいて、当時は年末の鯛焼きを手伝っていた経験があり、その頃の記憶を辿って挑戦してみました。

まず材料ですが、串!
ステンレスでもスチールでもOK でもステンは曲がりやすいのでスチールの方がいいかも!

003_convert_20121231110003.jpg

そして肝心の鯛
必ずエラと鯛の右側から内臓を取り除いてください。

そして塩 多い目に用意します。

あとは みりんを適量


さ~作業開始です!
先ずは串打ちです

004_convert_20121231110115.jpg

左から見ると

007_convert_20121231110143.jpg

鯛の左側に串が飛び出さないように 鯛の骨を縫うように挿していきます。

そして塩で形を整えます。塩はワイルドにふった方が失敗しないかもしれませんね~!

010_convert_20121231110206.jpg

各ひれに塩をたっぷり着けてヒレがピーンとなるようにします。

009_convert_20121231110228.jpg

このようにヒレの付け根を塩でしっかり固めます

そして焼き作業開始

011_convert_20121231120159.jpg

みりんを塗りながら左側から焼きます。みりんは艶出しの為なので お好みで!

012_convert_20121231120226.jpg

キッチンで焼くとコンロは大変な汚れになるので、覚悟が必要ですね~!
やっぱり屋外でブロックを置き炭火で焼くのがベストだと思います。ただ、ネコチャンには注意しましょう!
出来ればブロックに尻ビレを押し当てるようにして焼くときれいに形が整います。
遠火でじっくりと焼きます。ヒレを壊さないように慎重に
左側は見た目があるので あまり焦がさないように注意!(食べる時に再度炙って温めるので大丈夫)
脂がしたたり いい匂いで今すぐ食べたくなる衝動にかられますが グッと我慢!

左側はこんなもんでしょうか。

001_convert_20121231133851.jpg

そして裏になる右側はしっかり焼きます。

002_convert_20121231144443.jpg

あとは少し冷まして串をゆっくり回しながら抜きます。
はい出来上がり

004_convert_20121231144502.jpg

食べる時にもう一度軽く焼いたらホクホクの焼き鯛を食べられます


これとは別に29日に活けで持ち帰ったタイは今日31日夕方まで元気に生きてました
捌くと脂も有り 身はプリプリでした。今日から戴きたいと思います。


今年終盤から始めた当ブログ
「参考になるわ~」との声も無く
「笑えるわ~」のお言葉を励みに4釣行書くことが出来ました。
来年も笑える釣りブログを書いていきますので、宜しくお願いします。

当ブログへ お越しいただいた方にお礼申し上げます と共に皆様の来年の安全航行と大漁をお祈りいたします。
では良いお年を!!!

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する